いじめは許さない

いじめは、どの時代もいまだ続けられている残念な状況です。
いじめの種類はそれぞれで、基本的には、ちょっかいのようなものから、最悪の場合は、死に直面してしまう恐ろしいものになっています。
日本全国でも、いじめによる自殺などのニュースもよく見かけます。
これは、よく見かけるレベルの話になってはいけない事実なのです。
実際にいじめをしている場面に出会ったら、あなたならどうしますか?見て見ぬふりをして知らん顔をするか、その場で勇気をもって注意をして止めるのか。
この2つです。

いじめをされたくないと思ったら、見て見ぬふりをするでしょう。
いじめの現場では、止めに入ったり、いじめ側に対する態度を見せると、次の瞬間から自分もいじめられる側になってしまうという実に情けない現実があります。
このような流れを怖いと思うか、立ち向かっていく勇気があるかだと思います。
いじめをしない、させないというように簡単に言う先生や、生徒がいますが、実際本当に実行出来ているのでしょうか。
ニュースでもいじめという言葉が消えない限りは、実行出来ていないということになります。

いじめを見たら、いじめをしている話を聞いたら、自分がもし対応出来なかったとしても、先生や親に相談することも勇気です。
自分が話をすることで、救われる子がいることを忘れないようにしましょう。
そして、いじめという行動を絶対に許さないということも頭に入れておきましょう。
一人では無理でも、大勢で立ち向かえば解決する術はいくらでもあります。



*Recommend Site*
いじめに遭っている子供や不登校の子供の対応についてわかるサイトです ... 不登校

Copyright © 2014 いじめかな?と思ったら All Rights Reserved.